包茎手術とは、男性の陰茎の亀頭部分が包皮に覆われているために露出する上で問題がある状態である包茎を改善するために、包皮を切除や切開する手術です。包茎手術を行う目的としては個人のコンプレックスの改善という点が取り沙汰されることが多いですが、衛生面においても包茎手術を行うことのメリットが存在します。まず第一に、包茎手術によって亀頭部分が包皮の外に露出することによって恥垢が蓄積しにくくなるということが挙げられます。恥垢は様々な性感染症などの病気を引き起こす原因の一つであるため、包茎手術を行うことは性感染症などの予防の一つとなります。また、包茎の状態だと陰茎の亀頭部分が洗いにくいために雑菌が発生しやすく、時には強いにおいを発生の原因ともなります。そのため、包茎手術を行うことで手術前よりも簡単に洗うことができるようになることで、においの発生を防ぎやすくなります。その他にも、性行為を行う上でも包茎の状態だと包皮に痛みが生じたり、性行為上の摩擦によって障害が発生する恐れもあります。このような事態が発生した場合も、手術を行うことでこれらの問題の解決に繋がります。包茎の状態を改善するために無理に包皮を剥こうとすると包皮が元に戻らなくなる可能性もあるため、包茎の問題を解消したい場合には手術を行った方が良いといえます。包茎手術は、包茎治療クリニックかもしくは病院の泌尿器科で行うことが一般的なようです。どちらもそれぞれメリット・デメリットがありますので、その辺りはご自身でよく調べてから決定してください。どちらも無料で相談することが出来ますので、まずはお近くの施設でカウンセリングを受けましょう。

男性のペニスは、陰茎と亀頭に分けられます。ペニスの内部は、3つの海綿体組織で形成されていて、中心に尿道がある尿道海綿体1本と陰茎海綿体2本からできています。海綿体はスポンジ状で、勃起時血液が充満します。 思春期には包皮がむけてくるようになるのですが、成人しても皮をかぶったままの状態を包茎といいます。包茎には、真性包茎・仮性包茎・カントン包茎があります。真性包茎は、包皮口が非常に狭いため、平常時も勃起時も、包皮がむけない状態の包茎です。仮性包茎は、平常時は亀頭に包皮がかぶっていますが、手でむけば、容易に亀頭が露出する包茎です。カントン包茎は、無理にむけば亀頭の露出は可能ですが、包皮口が狭いので、むいた包皮が陰茎を締め